セクキャバ求人で得られるもの

セクキャバで働く前は……

喫茶店でもバイトしてましたこんにちは。JDセクキャバ嬢のナナです。
セクキャバ店に、働いてみて良かったなーと思うことが、“高収入”のほかにもあります。
それは、学校では出会えないような人たちにたくさん出会えたことです。
高校生のときにもコンビニやファストフード店などでバイトはしたことがありましたが、そこでの人間関係は学校の延長線上。せいぜい、大学生の人と知り合って、ちょっと大人な気分を味わう程度でした。
パートのオバチャンやリストラされたオジチャンなんかも働いていたけど、あまりコミュニケーションとらなかったな。今、考えるともったいないことしたなー。

さて、セクキャバの話に戻ると、求人広告に書かれているのは、「誰でも簡単にできるお仕事です」とか「高収入稼げますよ」、「こんな待遇がありますよ」とかいうアピールがほとんどです。
応募する前に、様々な高収入系の求人サイトやフリーペーパーを見ましたが、その時、私が考えていたことは、「どのジャンルが1番手っ取り早く稼げるのかな?」「どの職種がローリスク、ハイリターンなんだろ?」「やっぱり時給があるセクキャバは稼ぎが確実だよな……」と、お金のコトばかりでした。
しかし、いざ面接をしてみると、高校生のころにしていたバイトのような感覚ではやっていけない世界だと痛感しました。

セクキャバ嬢は営業マンと同じ!

後から知ったのですが、セクキャバ嬢って、お店に所属はしていますが、雇われているわけではないんですよね。一人ひとりが個人事業主っていう扱いになっているんです。
高収入系の求人サイトやフリーペーパーなどを見ても、なかなかそういったことまでは書いていません。
時給いくらと書いてあるので、あたかも雇われているみたいに錯覚してしまいますよね。
でも、セクキャバ店から雇われているわけではないんです。これ、風俗で働いたことのない、未経験者だとほとんど知られていないと思います。
かくいう私も、そうでしたし。

職業っていっぱいあるなぁと実感しますセクキャバ嬢は個人事業主……ってことは、自分で営業努力をして、お客さんを捕まえないといけないってコトなんですよね。
そう気づいたときから、私の接客は少々変わりました。
バイト気分ではなくなったのです。
でも、こうやってお仕事をしてみたら、ものすごく楽しかったんです。

セクキャバで働いていると、毎日、たくさんの人に会います。銀行員、商社、不動産会社、IT、外資系企業、自営業、土木関係、職人、公務員、学生、……。本当にありとあらゆるお客さんがやってきます。
メインはやはり20代後半から40代前半のサラリーマンですが、80歳くらいのオジイチャンも来たことがあります。
男性って、いつまでも女性とイチャイチャしたいんだなー、オッパイが好きなんだなーと思う瞬間です。

風俗のお仕事だって、得るものはたくさんある!

このお仕事をするまで、私は、なんとなく風俗などで遊ぶ男性のことを若干軽蔑していました。キャバクラやクラブはいいけど、風俗までいく男ってありえないとか、良く分からないラインを引いて、見下していました。
でも、セクキャバで働くようになって、そういう意識がどんどん減っていったんですよね。

また、男性の職業でも、銀行や商社みたいなエリートは良くて、自営業やベンチャーなど不安定な仕事の人はありえないとか思っていました。何が良くて、何がありえないなんだか、今となっては良く分からないんですが、すべてイメージでそのように決めつけていたところがあったんですよね。
でも、実際に働きだし、それまでちゃんと話したことがない社会人の人にたくさんあって、たくさん話して、たくさんイチャイチャして……自分なりにつかんだことがありました。

紳士的な人はやっぱりモテるそれは、どんな職業ついていても、立派な人は立派だし、ステキな人はステキだし、最悪な人は最悪だ……という当たり前のことでした。
でも、見た目は良くても話してみたら中身は最悪だった、優しくてステキな人だと思ってつきあってみたらどうしようもないダメンズだった、なんてこと世の中にはいっぱいあるでしょう?
私が身につけたのは、ある程度話してみると、その人の本当の姿がなんとなく分かる……という力です。
これは、セクキャバを卒業して、普通の社会人になったときに活かせる大きな力になるだろうなと思っています。

求人広告には書かれていない、働いてみないとわからないメリット、あなたも手に入れてみませんか?