セクキャバ求人のここを見ろ

前回から引続き面接のこと

昼間っからこんばんみー。女子大生セクキャバ嬢のナナですっ♪
昨日、新規のお客さんが「こんばんみー!」と言っていたので、使ってみたくなっちゃいました。懐かしい響きよネッ♪

さて、前回、求人面接を受ける際は、いくつかのお店をまわってみるといいと書きましたが、今回はそのことについて書いていきたいと思います。
私の場合ですが、求人サイトやフリーペーパーを見て、まずはセクキャバとは一体どんなお店であるのかということを知ることからスタートでした。なんせ、セクキャバという言葉を聞いたのも始めてでしたからッ (`ω´)キリッ

サービス内容はどうやって知るのか

面接はいつも慣れないもの前回書いた通りセクキャバはハッスルタイムというサービスがありますが、実は、あまりセクシーなサービスをしなくてすむお店もあるんです。もちろん逆に、指入れなどの過激なサービスをウリにしているお店もあったりします。(だいぶ摘発されたようですが……。ま、当たり前ですよね)

セクキャバ店の過激なサービスに関する情報は、お店のホームページを見るとなんとなく分かりますが、それでも細かいところまでは分かりません。掲示板サイトのお店の評価や口コミなどを細かくチェックしていけば、かなり細かいところまで分かるですが、ガセネタもあるようですしね。イマイチ、信用しきれませんネ。
というわけで、面接時に、実際にお店を見てみて、サービスについて担当の方に質問してみるのが1番なのです。

その際も「あんまり過激だとイヤだなーと思っている」と受け取られると、相手にイヤな印象を与えてしまうでしょう。
なので、「私、セクキャバが始めての上、男性経験が少ないんです。だから、これから働くにあたって色々知っておきたいんです。なんなら予習でもしておこうかと思ってるほどなんですヨ」みたいな雰囲気を醸し出しつつ、前向きに捉えていますよとアピールしているようなニュアンスで聞くと良いかと思います。
実際、私は、本当にセクキャバも始めてなら、男性経験も1人しかなかったので、素でその状態でしたが、好奇心を持って色々聞くというのは、それほどイヤな印象を与えないんじゃないかと思います♪
また、自分がどのようなスタンスで働きたいかによっても、面接での態度は大きく異なってくるでしょう。

自分のスタンスにあったお店探し

最初はネット情報収集私の場合、借金などを早急に返さないといけないということはなく、奨学金として毎月それなりのお金が振り込まれていましたから(涙)、生活費には困っていませんでした。なので、「いいお店に採用が決まったら、将来、奨学金を返済するためのお金を貯めるために、そこで長く働きたい」と思っていました。
だって、求人情報を探したり、面接にいったりって手間です。そしてその時間には、当たり前ですが、報酬はありません。採用側だって、自分の店にあっているいい女の子にはできるだけ長く働いてもらいたいと思っていることでしょう。
というワケで、働くセクキャバ店はじっくり探そうと思っていました。
そこで、たくさんの求人サイトから見つけた、いいなと思うセクキャバ店をピックアップしていき、サイト内に載っている情報を見るだけではなく、お店サイトの求人ページや男性が見る営業サイト、掲示板など色々チェックしていきました。

私が選んだお店は……

バイトと勉強を両立するその上で、3つまで絞って、求人面接に挑んだワケです。
ちなみに、「もっと気軽にバイト感覚で働きたい」「あわなかったらすぐ次に移ればいいや」と考えている女性や、「いろんなお店で働いてみたい!」と好奇心たっぷりな女性にとっては、私のやり方はあまり効率的ではないのでオススメできません。
時給もかなり良く、ものすごく流行っているようだけど少々過激な大型店A、あまり過激じゃなくソコソコ時給も良い都心の中規模店B、家からわりと近い中規模店Cの3つを選びました。家から近いところはネット上ではあまり情報もなかったのですが、時給はBとそれほど変わりなかったので、お客さんが入っていれば、かなり働きやすいのではないかと予想して面接に挑みました。
結果、Aに関しては、詳細なサービス内容を聞いて、「やっぱダメだ〜」とヘタれてスゴスゴ。Cはお客さんが少なそうだったということもあり、残った候補のBで働くこと決めました。
結果、3年も続けているんだからBで大正解でしたネ。
では、またネ(*^3^)/~♡!